RIKA TOMITA 富田 莉花

家庭と仕事、どちらかに偏ることなく、
目標の働き方が実現できる場所。

法務知財

富田 莉花 RIKA TOMITA

法務知財・監査部 法務・知財グループ

2022年入社
経営学部 経営学科卒(2010年度)

中学から大学までバレーボール部に所属し、就職後も社会人チームでバレーボールを行うほどのスポーツ好き。そのアクティブさとコミュニケーション力で、何事にも明るく前向きに取り組む。家庭では2人の子どもを育てる、家庭と仕事を両立する母としての一面も。前職の銀行では窓口・営業・管理業を経験し、PPESへの転職後は、システム管理などの業務を担当。

富田 莉花

QUESTION 01

前職や、転職の経緯について
教えてください。

富田 莉花

新卒では銀行に就職し、預金・融資窓口、総合渉外など幅広く経験しました。育児休業を経て復職し、息子の小学校進学に向けて在宅勤務のできる働き方と、人の支えになる仕事をしたいという思いから、転職活動を始めました。PPESへの入社の決め手は、給与や福利厚生の条件面がよかったことや、在宅・フレックス勤務など柔軟な働き方ができることはもちろんですが、これから大きくなる業界でトヨタ自動車やパナソニックをはじめ、色々なバックグラウンドを持つ人たちと一緒に仕事ができることで、自身の視野を拡げられると考えたからです。
自動車が好きで自動車産業にかかわれること、環境課題への挑戦という社会貢献性の高い事業内容であること、世界ナンバー1を目指す向上心の高い会社であることは私自身が働くモチベーションアップにつながっています。

富田 莉花

QUESTION 02

どのような仕事、
どのような働き方をしていますか?

富田 莉花

知的財産と契約を管理する部署で仕事をしています。具体的には、特許事務所や共同出願相手といった様々な関係先との調整と、特許や契約を管理するシステムの管理を担当しています。今はまだ特許出願手続きのサポートが中心ですが、今後は意匠や商標といった、ほかの知的財産にかかわる仕事にもチャレンジしていきたいです。
現在は在宅と出社と半々程度の比率で仕事をしています。在宅勤務時はコミュニケーションがとりにくい面はありますが、TeamsなどのITツールを使ってカバーしています。出社時は、家から出ることが気持ちの切替えにもつながっていると感じています。社内食堂のメニューが安くて日替わりで味もよく、食事が出社の楽しみの一つになっています。
コロナ禍で在宅勤務メインの時期もありましたが、私自身はちょっとした会話がしやすい、対面の良さに改めて気づきました。

富田 莉花

QUESTION 03

転職によって感じた、PPESの
風土について教えてください。

富田 莉花

毎日楽しく、ありのままの自分で働けているのは、上司のおかげだと思っています。キャリア入社者向けに丁寧な教育カリキュラムを用意してくださったり、日常の声掛けや困ったときはいつでも質問できる雰囲気づくりなど、自分が目指したいと思える先輩像そのものです。転職前は、改善策を思いついても提案をためらうことが多かったのですが、今は一度相談してみようと発信する回数が増えました。
また子供の検診や急な発熱の際にも、在宅勤務や有給休暇を活用してうまく対応することができています。柔軟な働き方ができる制度が充実していることのみならず、職場の仲間が私の状況を理解してくれていることは、働き甲斐と働きやすさにつながっています。今の環境であれば「子育てとキャリアアップを両立する」という目標がかなえられそうです。

一日の流れ (一例)

  • 8:30

    出社、
    メールチェック

  • 9:00

    メール対応

  • 10:00

    特許案件管理業務

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    ミーティング

  • 14:00

    事務所・共願先連絡対応、
    案件進捗確認

  • 15:00

    システム管理、
    マニュアル修正

  • 17:05

    退社